施工内容について

water_proof_1

主に、雨や生活用水が入ってしまうと壊れてしまうような設備において、浸水や漏水を防ぐための施工を行なっています。

弊社で行なっている、「シート防水」「ウレタン防水」「シール工事」「長尺シート」についてそれぞれご紹介していきます。


塩ビシート防水
Seat

塩化ビニル樹脂を原料としたシートを、接着剤や塩ビ鋼板などで固定し、ジョイント部を溶融一体化して連続被膜を形成する防水工法です。
屋外での日光による紫外線、熱、オゾンに対し優れた耐久性を持っています。

塩ビシートは素材自体が予め着色され高い耐久性があるため、防水層のメンテナンスとして一般的な保護塗装が原則不要になり維持管理費も節約することができます。

プールにも適応している工事になります。

        sheet_water_proof


ウレタン塗膜防水
Urethane

ウレタンゴム系塗膜防水(ウレタン防水)は、液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応して固まる(硬化する)と、ゴム状で弾性のある一体性のある防水膜が出来上がります。

液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を加工できます。

    


シーリング工事
Seal

シーリング工事とは、「建物の外壁ボード間のつなぎ目」や「外壁とサッシの隙間」など、動きの多い目地または隙間などに高度の防水性・機密性等を確保することを目的とした工事のことです。

シーリング工事を行うことによって、建物の隙間からの雨水の侵入を防ぐことができます。


長尺シート施工
Long sheet

廊下やバルコニーや階段など、人がよく歩く場所に使用されているシート状床材です。
塩ビシート防水との複合工事も可能です。

雨に濡れた際に滑りにくくしたり、足音の軽減、防水層の保護などをする効果があります。

見た目の美しさにも評判がある工事です。

お問合せ

協力会社様 募集中!

弊社では、協力会社様を募集しております。
防水屋さん、内装屋さん、塗装屋さん。是非お声がけください!
戸建てから大規模修繕工事まで幅広く対応致します!
一緒に働いてくれる仲間も募集中!